MENU

加藤敏行のVALUE【バリュー】は詐欺?実際に稼げるのか口コミや評判も調査!

こんにちは、kenです。

このブログでは世の中にはびこる副業案件の調査・検証をしています。

今回、検証していくのは加藤敏行VALUE【バリュー】という企画。 キャッチコピーは「アプリの通知をタップするだけで毎日、毎日3万円が手に入る」とのこと。

  • 加藤敏行は何者なのか?
  • 加藤敏行VALUE【バリュー】は稼げる? or 詐欺?
  • 加藤敏行VALUE【バリュー】の評判や口コミは?

リサーチを重ね、客観的にレビューしていきたいとおもいます。

それでは早速みていきましょう!

目次

加藤敏行の経歴&プロフィール|一体、何者なのか?

  まずはVALUE【バリュー】加藤敏行について。一体、何者なのでしょうか?

経歴やプロフィールを確認していきましょう。

  • 大手有名週刊誌から取材を受ける
  • 50名以上のメンバーが全員月商1,000万円以上

などと功績があるとなると実績が出てきてもおかしくありません。 しかし、調べてみてもこのような事実は見つけられませんでした。

加藤敏行VALUE【バリュー】は詐欺で稼げない?それとも本当に稼げる・・・?

  早速、今回取り上げる加藤敏行VALUE【バリュー】について、詳しく調査してみました。

これによると、加藤敏行VALUE【バリュー】は「アプリの通知をタップするだけで毎日、毎日3万円が手に入る」というキャッチコピーを掲げています。 しかし、具体的な根拠や証拠に乏しい印象。

調べてみると、   LPから登録すると、公式ラインの追加を求められます。 登録後、40分程度の動画を見るように促されます。 その後、アプリを使い実際の作業を体験します。 しかし、このアプリを調べてみたところ実在していないことが分かりました。 また、作業を続けていくとVALUE CIRCLE(バリューサークル)という148,000円のシステムを販売されます。 そもそも、どんな方法を使ってどのくらいの時間&労力で稼げるのかが明言されていないんですよね。 基本的に、

・ビジネスモデルをしっかりと教えてくれないもの

・誰でも簡単に1クリックで

みたいな手軽さや即金性を謳ったものは詐欺案件お決まりのパターンなので気をつけてください!

詳細がわかり次第、追記していきますね。

ちなみに、本当に稼げるノウハウも最初から楽して稼げるわけではないので注意してくださいね

特定商取引法に基づく表示を確認してみました。

こういった商材では「特定商取引に関する法律(特定商取引法)」に基づいて必要な情報が記載されているかが、重要なチェック項目となります。

加藤敏行VALUE【バリュー】の販売会社は「株式会社アイラボ」、責任者は「佐藤俊幸」となっています

会社の所在地は下記の通り

 

港区麻布十番2-20-7

 

住所を調べてみたところレンタルスペースが入っているビルでした。

階数が記載されていないのも怪しいですよね。 また、電話番号やメールアドレスなどの記載がないため何かあった時に連絡が取れません。

 

ちなみにこれも、結局は稼げない詐欺案件のときのお決まりパターンがあります。

それは、「めちゃくちゃ稼げる、って言っているのに雑居ビルの1室が所在地になっている」というパターンです。

普通の会社や本当に儲かっている企業なら、オフィスビルや高級マンションなのが一般的。 にもかかわらず詐欺案件では、雑居ビルや一軒家、果てはバーチャルオフィスやレンタルスペースっていうのがざらなんですよね…。

以外と調べない人も多いですが、要チェックですね

加藤敏行VALUE【バリュー】の評判や口コミはいかに・・

現在のところ、加藤敏行VALUE【バリュー】については、口コミや評判は出回っていない状況です。 一方で加藤敏行のVALUE【バリュー】を検証している記事が多数あり、そのどれもが、

  • 副業詐欺
  • 稼げない

などと結論が出ており、良い評判はありませんでした。 今回は見つけられませんでしたが、良い口コミがあってもサクラの可能性があります。

とはいえ私としては最終的に、悪い口コミが出ないでほしいと思っています。

「騙されました…」「○○万円ドブに捨てたも同然です」みたいな口コミを見ると、騙されてしまった人を想像して心苦しいので…。

【kenの結論】加藤敏行の★は本当に稼げるのか。

最後にまとめです。

  • 加藤敏行VALUE【バリュー】は稼げる? or 詐欺?
  • 加藤敏行VALUE【バリュー】の評判や口コミは?

加藤敏行VALUE【バリュー】は稼げない案件の可能性が高いのではないかと感じました。

理由は「アプリの通知をタップするだけで毎日、毎日3万円が手に入る」のような人目を惹く言葉で集客しておきながら、実際には詳細な条件や証拠が提示されていないからです。 良い評判が一切なく、危険な副業と記載されている記事が多数ありました。 引き続き、本案件に関する最新情報が入ってきましたら、追記していきますね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる