「うりずん」とは?

「うりずん」と聞いてネーネーズを思い浮かべる方はちょっとした碧珊瑚通(^^)。
たしかに、95年に出たネーネーズのアルバムのタイトルでもありますが、
じゃあ、どういう意味でしょう。また、同様の季語としてしばしば用いられる「わかなつ」との違いは?

これについて、正木 譲さんの興味深い解説がありましたので、それを引用しますと、
「うりずん」、「わかなつ」は決して「陽春」「初夏」とは言い替えられない沖縄特有の季節を
表わす言葉である。

うりずんとは、二月下旬の雨水から四月中旬の清明の節までの期間。
わかなつとは、四月下旬の穀雨から六月中旬の芒種の節までと見て良いだろう。

このうち、うりずんの語源は
「潤う」の意の「うり」と浸みとおるの意の「ずみ」(じみ)とが複合してできた語で、
降雨が土に潤い浸みることを原意にした語であるが、とくに、
旧暦二、三月ごろの季節を指して云うものになったものである。
(八重山毎日新聞 2000/3/5より)

とのことです。
更に
「うりずんとは木々ばかりだけではなく、万物が潤い、生成され、発展していく季節」

「わかなつとはうりずんに芽吹いた草木が、ぐんぐんと緑を濃くし、
すべてのものの体内には、やがてやってくる台風にも、盛夏の強烈な日射にも
耐えうるエネルギーが蓄えられていく季節」

と解説されています。
つまり、「陽春」「初夏」では表わしえない深遠な意味がこめられているわけです。
このような、素晴らしい方言をいつまでも残しておきたいですね。